食MAPとは

食卓の風景が見えるマーケティング情報
それが「食MAP=食卓 Market Analysis and Planning」です。

※「食MAP及びTI値は株式会社ライフスケープマーケティングの登録商標です。」

「行動×属性×心理」 - 食卓をとりまく「How?」「Why?」がみえる

食品(商品)は売場で購入され、さまざまな形で食卓に並びます。
いつ・誰が・どこで・何を買い、
いつ・誰が・どんな動機で・どんなシーンで・どんなメニューで食事をしたのか。
消費行動に、消費者属性、心理的情報をかけあわせて自在に分析することができる。それが、「食MAP」データです。

イラスト:「行動×属性×心理」 - 食卓をとりまく「How?」「Why?」がみえる 1

イラスト:「行動×属性×心理」 - 食卓をとりまく「How?」「Why?」がみえる 2

「家族×シングルス」―重ねることで新しい市場がみえる

今後ますます増えていくシングルス世帯(単身世帯)。その割合は2025年には全世帯の35%を超えると予測されています。
私たちは次代を見据え、1998年から集積している家族世帯を対象とした食MAPに加えて2008年にはシングルス世帯(単身世帯)のデータ収集をスタートさせました。既存の家族世帯版食MAPと 、シングルス世帯版食MAPを重ねることで、新しい市場発見の可能性が広がっています。

図:単身世帯のマーケットシェア

図:全国世帯数構成比推移

図:世帯数構成比将来推計

図:購買場所の比較

図:夕食の内食・外食の割合

少子高齢化時代の単身世帯マーケットアプローチ

少子高齢化・人口減少が進む日本社会において、増加するシングルス層へのマーケティングは各企業にとって重要課題と言えます。若年層だけでなく「中高年単身世帯」にまで調査対象を広げたシングルス食MAPは、単身世帯の意識と365日の食行動の実態を定量的に把握できる稀少データです。

食MAPにしかできないことがあります

食MAPデータは、生活の現場である「食卓」を365日連続的に観察することにより、食卓の5W1Hをリアルに再現します。 POSデータやホームスキャンデータからはわからない、家族やシングルス(単身者)の「生活シーン」が、食MAPならば手に取るように見えてきます。

「こんな使い方があったんだ」「こんな食べ方をされていたのか」

小さな変化を見逃さず、時代にさきがける。感覚的にとらえていたことを、食MAPデータが裏付ける。食MAPを通して生活者のリアルな日常を見つめることで、数々のヒット商品や売れる現場が生まれています。

食MAPはマーケティングのあらゆるプロセスにご活用いただけるデータです

イメージ図:食MAP

市場の把握から、商品開発、販促資料作成まで。
トータルにサポートします。

  • 分析例をご覧になりたい場合は分析事例ページへ
  • サービスの種類をご覧になりたい場合はサービス案内ページへ

まずはお気軽にご相談ください

ページトップへ戻る