レポートサービス

お客様のテーマ・ご要望に応じて、食MAPデータを抽出・分析してご提供するサービスです。抽出・分析したデータをレポート形式でご提供致します。

活用できる業務例|市場調査、商品開発、販売促進

  • ご提供するレポートは、Microsoft Excel ® などの電子データです。
  • お客様のニーズをヒアリングさせて頂いた後、弊社より事前に分析方法・料金・納期をお伝えし、ご了承を頂きます。

レポートサービスのご利用メリット

メリット1

お客様のニーズに合わせたデータを当社にて抽出・分析し、ご提供致します。

メリット2

抽出・分析したデータの加工まで当社にて行いますので、お客様側での作業は必要ありません。

メリット3

レポートサービスは、他のサービスに比べ、食MAPデータをお気軽にご利用頂ける料金設定をしております。

メリット4

短納期、クイックレスポンスでご対応致します。

レポートサービスの料金体系

サービス名 主な料金体系
分析グラフ単票 3万円(税別)より(内容によりお見積もり致します)
分析報告書 50万円(税別)より(内容によりお見積もり致します)

まずはお気軽にご相談ください

ご提供するレポートサンプル

サンプル画像

【お客様の用途・ご要望】

おでん、和風鍋、キムチ鍋など、各種鍋料理の食材の提案や売り場の販売促進をしたいがどうすればいいか。

【食MAPを使ったソリューション】

  1. 各種鍋料理のTI値グラフから、メニューの立ち上がり、ピーク時、終息時が分かります。
  2. 使用食材を確認することで、最近の鍋のトレンド食材が分かります。
  3. 同時出現メニュー分析で、鍋に合うメニューが分かります。

→上記データから、適切な販売チャンス・時流にあった商品を相性の良いメニューと共に提案・販売するための情報をレポート形式にて、お客様にご提供致します。

サンプル画像

【お客様の用途・ご要望】

商品開発するにあたって、そのカテゴリー動向を把握するための調査をしたい。

【食MAPを使ったソリューション】

  1. カテゴリー全体について、経年で出現の変化を把握致します。
  2. 飲食者別、食卓機会別、使用頻度別、食材の使用メニューなどの細かなデータから、そのカテゴリーの特徴を把握致します。

→上記データから、カテゴリー全体の動きとその背後にある要素を把握し、市場の有望性、商品開発する際のコンセプトとなる情報をレポート形式にて、お客様にご提供致します。

サンプル画像

【お客様の用途・ご要望】

今後の自社の戦略を考える上で、現在の日本の食卓が過去から現在にかけてどのように変化をしてきているのかを調査したい。

【食MAPを使ったソリューション】

  1. 喫食率から、内食・外食の変化を把握致します。
  2. 食卓に登場するメニュー数がどのように変化をしているのかを把握致します。
  3. メニュー・材料を大きな括りでみた際に、どのようなトレンドがあるのかを把握致します。
  4. 手作り、簡便志向などの調理方法を把握致します。

→上記データから、食卓の変化についての情報をレポート形式にて、お客様にご提供致します。

サンプル画像

【お客様の用途・ご要望】

商品をリニューアルする予定だが、社会が変化する中で、最適な量がどのぐらいなのか分からないので、商品が購入から廃棄までどのようなプロセスを辿るか調査したい。

【食MAPを使ったソリューション】

食MAPの在庫分析を使用することで、購入から使い切りまでの回数や、使い切らずに途中で廃棄されたことまで、把握できるようになっております。この分析を用いることで、現在の消費者に合わせた商品の適量を明らかに致します。

まずはお気軽にご相談ください

ページトップへ戻る