分析事例

汎用性の高い食材を探したい | 販売促進事例

画像:汎用性の高い食材を探したい

M値分析

M値は、食材(商品)を使ったメニューが何種類あるかを示す値です。M値が高いということは、さまざまなメニューに使われるということで、その食材は「汎用性が高い」といえます。 使われるメニューの種類が多ければ、食卓に登場する機会も多くなる(TI値が大きくなる)傾向があります。すなわち、食材(商品)を活用できるメニューの幅を広げることが、TI値を伸ばす(=市場規模を広げる)ことにつながります。 食材のTI値もM値も低い場合、メニュー提案などM値を広げるための販促を検討する・・・といった施策決定にも役立つ分析です。

用途

  • 食材(商品)が何種類のメニューに使われているか把握したい
  • 食材(商品)の汎用性の高さを比較したい

販売促進事例一覧に戻る

ご提供サービス一覧

画像:レポートサービス

レポートサービス

お客様のテーマ・ご要望に応じて、食MAPデータを抽出・分析してご提供するサービスです。

画像:コンサルティング

コンサルティング

市場調査、商品開発から販売促進策立案まで、消費者視点から各種コンサルティングを行うサービスです。

画像:メニューカレンダー

メニューカレンダー

食MAPデータを年別、四半期別、月別、52週別に抽出し、商品開発や販売促進等の目的別に見やすく加工してご提供するサービスです。(WEB上での閲覧または、外付けHDDでご提供しております。)

画像:オンラインサービス

オンラインサービス

専用分析端末を通じて、お客様自身で、最新のデータを自由に分析・加工できるサービスです。

まずはお気軽にご相談ください

ページトップへ戻る