分析事例

クロスMDが効果的なメニューを見つけたい | 販売促進事例

画像:クロスMDが効果的なメニューを見つけたい

同時出現メニュー分析

この分析は、あるメニューと相性の良いメニューを探す際に役立ちます。 食MAPには、「同時出現」という指標があります。例えば、食卓にご飯だけがのぼるということはほとんど無く、味噌汁であったり、漬物やメインのおかずであったりがご飯の周りに並ぶはずです。ご飯と同じ食卓に並ぶ、これら味噌汁やその他のおかずなどのメニューを、ご飯との「同時出現メニュー」と呼んでいます。 あるメニューXとの「同時出現メニュー」が、単独で食卓出現したときのTI値と、あるメニューXと同時に出現したときのTI値を比較した値を「同時出現特化度」と呼びます。既出の例で説明すると、味噌汁が単独で出現したときのTI値を50とし、ご飯と同時に出現したときのTI値を100としたら、「同時出現特化度」は2です。特化度が1以上であるとき、そのメニューは、メニューXと相性がよいメニューといえます。 ※同時出現TI値とは、あるメニューが出現した食卓1000回あたりの、同時に出現したメニューの出現回数です。

用途

  • クロスMDメニューの検討

販売促進事例一覧に戻る

ご提供サービス一覧

画像:レポートサービス

レポートサービス

お客様のテーマ・ご要望に応じて、食MAPデータを抽出・分析してご提供するサービスです。

画像:コンサルティング

コンサルティング

市場調査、商品開発から販売促進策立案まで、消費者視点から各種コンサルティングを行うサービスです。

画像:メニューカレンダー

メニューカレンダー

食MAPデータを年別、四半期別、月別、52週別に抽出し、商品開発や販売促進等の目的別に見やすく加工してご提供するサービスです。(WEB上での閲覧または、外付けHDDでご提供しております。)

画像:オンラインサービス

オンラインサービス

専用分析端末を通じて、お客様自身で、最新のデータを自由に分析・加工できるサービスです。

まずはお気軽にご相談ください

ページトップへ戻る